肝心かなめの肝臓には、痛みを感じる神経がないってホント?

肝心かなめの肝臓には、痛みを感じる神経がないってホント?

 

こんにちは、kyokoです。

今日は沈黙の臓器、肝心かなめの肝臓です。

右の肋骨に守られるようにあり、人間の臓器のなかで一番大きく、成人男性で1400g、女性は1200gくらいの重さの肝臓。

 

なぜ沈黙の臓器と言われるのか?

それは、肝臓には痛みなどを感じる神経がないので、ダメージを受けても自覚症状があらわれないからだそうです。

 

お酒の飲みすぎ、食べ過ぎで、肝臓内に中性脂肪がたまる脂肪肝は、慢性的な炎症が起きて肝硬変にすすむこともあるそうです。

肝臓は2000種以上の酵素のはたらきで代謝や解毒などをしていますが、具合が悪くなると、これらの酵素が血液中にもれだしたり、血液の成分が変化したりします。

血液検査などで肝臓に問題があるようなら、はやめに主治医に相談したほうがいいですね。

 

肝臓のはたらき

肝臓は人体の化学工場といわれ、さまざまな化学反応をおこなっています。

おもに、1、代謝、2、解毒、3、胆汁の生成です。

そして栄養素を蓄える倉庫としてのはたらきもあります。

1、栄養素の代謝(合成・分解)・・栄養素のつくりかえ

食べ物の栄養素をそのまま利用することはできないので、肝臓は胃や腸で分解・吸収された栄養素をたくさんの酵素で利用しやすい物質にして、血液の中に放出したり、貯蔵したりします。そして、必要に応じて、それらを分解してエネルギーなどをつくりだしています。

これは、肉や魚として取り入れたタンパク質を、人間に必要なタンパク質や脂質に変えるということです。

 

2、解毒・・有害物質を無毒化

アルコールや薬剤、代謝のときにできたからだに有害な物質を、毒性の低い物質に変え、尿や胆汁中に排泄しています。

 

3、胆汁の生成・分泌

胆汁は肝臓の中でいつも分泌されている物質です。おもに脂肪の乳化とタンパク質を分解しやすくするはたらきがあります。これにより、脂肪は腸から吸収されやすくなります。

胆汁は胆のうに蓄えられます。胆汁の成分である胆汁酸はコレステロールから合成されます。

 

栄養素の貯蔵・調整

グリコーゲン、ビタミンA、ビタミンB12、鉄などの貯蔵。

小腸で吸収したブドウ糖、果糖、アミノ酸、脂肪酸などはグリコーゲンという物質に変えられ肝臓に貯えられます。

このグリコーゲンは必要なときにブドウ糖に変えられ、体を動かすエネルギー源になります。

タンパク質は肝臓でアミノ酸から合成され、体の組織を形作る成分として使われます。余ったものはグリコーゲンとして肝臓に貯蔵されます 。

体の脂肪組織(皮下脂肪など)に貯えられていた脂肪はいったん肝臓に運ばれてから、かたちを変えてエネルギーとして利用されます。

 

 

胆のう

胆のうは8~12㎝ほどの洋ナシ状の器官で、肝臓の右下にあります。胆のうでは肝臓で合成された胆汁をいったん貯え、胆汁の濃縮をします。胆汁は十二指腸に放出され脂肪の消化をたすけます。

 

胆汁のはたらき

胆汁は黄金色をした粘り気のある液体で、一日の分泌量は約800~1000㎖だそうです。ウンチが黄色いのは胆汁のせいです。

胆汁酸は、脂質を乳化させ、リパーゼ(膵液に含まれる脂質消化酵素)の作用をうけやすくします。

 

結び

肝臓は約70%を切り取っても再生できるそうですが、80%以上が障害になると、機能不全になるそうです。

無口な臓器が小さなサインを出したら、見のがさないようにしたいと思います。

 

 

 

今日お世話になったサイトです。ありがとうございます。

かんたん! 肝臓のしくみ

肝臓のかたちとはたらき

肝臓・胆のう・膵臓のしくみと働き

 

参考文献

栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(監修) 西東社