二十四節気では、2月19日から3月5日頃を雨水(うすい)と言います。 普通に読めば、(あまみず)ですね。

二十四節気では、219日から35日頃を雨水(うすい)と言います。

普通に読めば、(あまみず)ですね。

 

立春から15日目で、雪が雨にかわり、草木が芽吹き始め、氷が解け水になるという意味だそうです。

 

雨がゆっくりと大地にしみこんで、春を待ちかねていた木々が新芽をふくらませます。

私の近所の家のカワズザクラはもう咲いています。この家のカワズザクラは毎年どこよりも早く咲き始め、寒い日も「もうすぐだねぇ~」という気分にしてくれます。

キャベツは、まだ高値ですね。今朝、農家の人にチジミホウレンソウをたくさんいただきました。葉がちょっと肉厚で、葉が冬のタンポポのように地面に張りついています。 ゆがいて、おひたしにしたり、スープに入れたり、美味しくいただきました。まだスーパーの袋に半分あるので明日はなんにしようかと楽しみです。

 

近くの「ながら道の駅」に犬の散歩がてら行ってみると、フキノトウが一袋120円で売っていました。フキ味噌にして、ご飯にのっけて食べます。

 

 

何の関係もありませんが、私は最近、TBS10時からの「アンナチュラル」という、石原さとみちゃん主演のドラマにハマっていて、毎週面白く見ています。ぶっきらぼうな井浦新 さんもカッコいいなぁ。さとみちゃんは、ほんとナチュラルでかわいい♪