すでに、La Vie en Rose.

私にとって、何をどう食べるかは、ほんとに難しい問題でした。

手作りが一番、余計な添加物もなく、節約もできるにもかかわらず、あれもこれもやらなくてはならない、献立を考える気持ちの余裕がない。

仕事が終われば疲れ果 ...

すでに、La Vie en Rose.

誰でも、食の基本は生まれ育った環境が大きいと思います。

私は九州の片田舎で生まれ育ち、家は専業農家でした。家の中には、いつも季節の野菜がゴロゴロしていました。ミカン、カキ、ビワなども食べ放題でした。それでも、私の家族は誰も ...

すでに、La Vie en Rose.

甘くてきれいで、美味しそうなスィーツの印象は、バラ色の人生そのものです。
食べると快楽ホルモンが出て、ハッピーな気分にしてくれます。

砂糖それ自体は、単なるモノなので、いいも悪いもありません。
しかし、世の ...

すでに、La Vie en Rose.

新しい価値観や自分にぴったりくる言葉を見つけ、ご機嫌なうちはいいのですが、疲れたり、誰かの言葉が気になったり、物事がうまくいかなくなったりすると、どんよりした気持ちになり、自信もエネルギーも影をひそめてしまいます。  

& ...

すでに、La Vie en Rose.

鏡に映る自分の顔を、バラ色にしたい。
鏡を替えても、鏡に映る私の顔は変りません。

数年前、食事のたびに眼がギリギリと痛み、頭がぼんやりするようになりました。
いったい自分はどうなってしまうのか。 ...

すでに、La Vie en Rose.

私の人生はすでにバラ色だと思うようになって、一週間前よりもバラ色になりました。

バラ色はまわりの物事に感謝すると、だんだんいい色になってくるみたいです。

 

今日も目が覚めた。ありがたい。 ...

すでに、La Vie en Rose.

今の私の状況は、どうみてもバラ色というより、崖っぷちです。

生活のために働くのか、経済的なことを無視して、自分の信じることをやるのか。

死を前にして、一番つらいのは「あの時、あれをやっておけばよかった。」という ...