お肉が、からだをつくるアミノ酸になるまでの流れ

こんにちは、kyokoです。

糖尿病予備群からの脱出をくわだて、栄養学を独学中です。

忙しい人でも、さっと読んで役立つようシンプルにまとめています。

今日はタンパク質の消化吸収です。

 

タンパク質とは

タンパク質と言えば、3大栄養素のひとつ。体内でアミノ酸に分解され吸収されます。

タンパク質は、筋肉、骨、脳、神経、臓器、髪、爪、体内のホルモンや酵素、免疫物質などの材料になり、エネルギー源にもなります。

タンパク質を構成するアミノ酸は20種類、そのうち9種類は人の体内で合成できない必須アミノ酸です。

必須アミノ酸は、食べ物から摂取しなければなりません。

 

 

タンパク質の消化・吸収

タンパク質はアミノ酸の鎖でできていて、その分子量が大きく、分解するのにさまざまな酵素がはたらき、さいごに最小単位のアミノ酸になり吸収されます。

 

・・胃液でタンパク質が分解されやすくなる。
ペプシンにより、部分分解され、ポリペプチドになります。

十二指腸・・トリプシンとキモトリプシンの作用で、ポリペプチドはオリゴペプチドへ分解されます。

小腸上皮細胞・・オリゴペプチドは、カルボキシペプチターゼやアミノペプチターゼ、ジペプチターゼなどにより、アミノ酸に分解され小腸上皮細胞に吸収される。

結び

 

タンパク質の一日の必要量は、体重1㎏に対して1gだそうです。

100gのお肉に含まれているタンパク質は約20g。

焼くと半減して10gになってしまい、私の体重は約50㎏なので、500g食べなければならなくなります。

肉500gはちょっと無理なので、卵や魚、豆腐や納豆など、いろいろ食べて食事を楽しみたいと思います。

 

今日お世話になったサイトです。ありがとうございます。

妊活するなら食事でタンパク質を摂りましょう

【必見!】たんぱく質やアミノ酸の消化吸収の仕組みを簡単にまとめてみた!

参考文献  

栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(監修) 西東社