ゆるまじの意味を問い続けます

ゆるまじのはじまり

2009年、趣味でやっているジャグリングで、パフォーマンス出場のためチーム名が必要になりました。

私は主婦としての生活やパートがあるので、学生さんたちのようにガシガシ練習できませんが、ジャグリングは好きでした。

日曜日の夕方、ほんの数時間が私のジャグリングタイムです。できる範囲でコツコツやるしかありません。これが私のリラックスできる場所と時間なら、それでいいと思いました。

緩くだけど、許された時間だけは真面目にやろう。なので、チーム名を「ゆるまじ」として、出場しました。

ちょうどそのころ、はてなブログをはじめ、ハンドルネームはyurumaziにしました。

10年前「ゆるまじ」は検索結果0だった。

「ゆるまじ」をネットで検索すると、検索結果は0でした。該当するものがありません。と出たのです。

この世の中に、まだない言葉を発見したことが、とてもうれしかったのを覚えています。この言葉の意味は、私が決めていいんだと思いました。

ブログで緩くまじめに生きたいと書いているうちに、ある日検索してみると、「ゆるまじ」は増殖していました。

うれしいような悲しいような、でも言葉なんて誰のものでもないし、これでいいんだ。

 

ゆるまじにしてから、10年経ちました。

数年前、FBページを作ろうとしたら、すでに「ゆるまじ」は使われていました。とても残念でしたが、気を取り直し、FBページは「アート工房yurumzi」に、サイトは「ゆるゆるまじまじ」にしました。おまじないみたいなところが気に入っています。

今は緩くまじめにというより、リラックスしながら決めたことをやり続ける。視野を広くして、これだと信じられることをやり続ける。というのがしっくりします。

これからも、ゆるまじの意味を考え続けたい

あと10年たったら、この言葉はどうなっているのかな。もうすたれて、私しか使っていないのかもしれない。

もしかして、20年経ったら国語の辞書に出てくるかも。なんてことを考えるのは、なかなか楽しいです。

だからこれからも、私はずっと、ゆるまじの意味を問い続けたいと思います。