久しぶりに地面に寝ころんでみました。

こんにちは、ゆるまじです。

 

近くの牧場には、ユリノキの大木が10本ほどあり、

今チューリップのような花が満開です。

 

地面に寝ころんでみたくなり、ユリノキの下で横になりました。

 

ユリノキはいつも風に揺れているで、シャラシャラと絶えず音がします。

それが、小さなささやきのような、おしゃべりのような、

音楽のような感じなのです。

 

新緑も花も風に揺れ、葉の間から見える空は青く澄んでいて、

こんな風にくつろぐのは、ほんとに久しぶりでした。

 

何もかもが、ただ生きているだけ。

 

ほんの少し前まで、こんな時間を大切にしていたはずなのに、

なぜこんなに久しぶりなのだろう。

 

地面はほんのりと冷たく、風がそよそよと頬をなでていきます。